フリーホイーラーズ■高円寺の買取キング!クラムジー東京 洋服、新品、古着等、買取の老舗店

高円寺,中野,吉祥寺で買取なら、老舗店のクラムジー東京におまかせください(フリーホイーラーズ)

高円寺の買取キング!クラムジー東京

高円寺の買取キング!クラムジー東京店ロゴ

買取お問い合わせ電話アイコン

何でもお問い合わせください

03-3315-3651 / 090-4748-2451

電話受付時間 10:00~22:00 / 年中無休

フリーホイーラーズとは

はじめにアメリカの服があった。
ワークウェア、アウトドアウェア、ミリタリーウェア、
モーターサイクルウェア、アスレティックウェア・・・。
機能本位で、とことんタフなアメリカの服。
それはつまり、広大な未開の大地にアメリカという国を
創った服だ。そして、そんなアメリカの服には
アメリカを創った男たちの名もなき人生が刻まれている。

フリーホイーラーズは、自分たちが愛してやまない
”アメリカを創った服”を蘇らせるべく結成された
クロージングカンパニーである。しかし、その実態は
単に歴史的なアメリカの服を、そっくりそのまま
再現する復刻者ではない。我々が再現したいのは、
アメリカがアメリカになる過程で育んできた
モノ作りの精神や、その服が活躍したシーンの空気感。

フリーホイーラーズにとってヴィンテージウェアは
モノ作りにおける貴重なインスピレーションの源だが、
目的はその表層を忠実にトレースすることにはない。
例えば我々が、いまや再現の困難な素材や仕様を
駆使するのも、それは一枚の記録写真や映像の断片から
否応なく滲み出る、ある日のどこかの
アメリカの空気を表現するための手段なのだ。

フリーホイーラーズはまた、特定の時代や場所や
カルチャーのみにモチーフを見出し、その服飾様式を
踏襲するファッションブランドでもない。
例えば我々が、漂泊の文学集団<ビート>に強く
惹かれるのも、それは彼らの発する赤裸々な言葉から
否応なく滲み出る、ある日のどこかの漂泊の記憶への共鳴なのだ。

1940年代後半、ビートはニューヨークの喧騒から
路上へと旅立った。彼らは自由を求め彷徨う道すがら、
日常に埋もれた真実の欠片を無秩序に拾い上げ、
そして謳い上げた。我々もまた、あたかもタイムマシーンを
操るが如く大胆かつ自在に時空を彷徨いながら、
歴史の地層に埋もれた名もなきアメリカの輝きをランダムに
掘り起こし、服というファクターを通して謳い上げる。

フリーホイーラーズが追い求めるのは、
現代のどんな服にも、さらにはどんな
ヴィンテージウェアにもない新たな価値。
言うなればそれは、元来ある目的のために作られた服が
最もまばゆく発光する場面に置かれた時と同じ輝きを、
今、日常の中で解き放つための服作り。それゆえに
我々は”アメリカを創った服”の物語を旅するのだ。

出典:フリーホイーラーズオフィシャルサイト「コンセプト」より

 

フリーホイーラーズオフィシャルサイト

フリーホイーラーズ公式ブログ

フリーホイーラーズ公式インスタグラム

フリーホイーラーズFREEWHEELERSの買取または査定または問い合わせボタン

フリーホイーラーズ買取アイテムのご紹介

フリーホイーラーズFREEWHEELERSユニオンスペシャルオーバーオールズブレーキマンコートNealCassadyRAILROADBRAKEMANCOATホースハイドレザーコートTheUnionSpecialOveralls正規新品同様フリーホイラーズBRAKEMAN COAT馬革茶42/ブレーキマンコート/FREEWHEELERS/ホースハイドレザーコート/The Union Special Overallsユニオンスペシャルオーバーオールズ(ヤフーオークション)

包む